航空業界で働いてみて

国内の某大手航空会社(青い方)に客室乗務員として勤めていました。およそ8000人の客室乗務員が所属しています。
この会社の良い点は、常に他の航空会社のことを意識し新しいことにチャレンジをし、世界でも上を目指していこうと努力するところです。サービスに関しても安全のことに関しても、より良くしようと年に数回マニュアルが変わることも珍しくありません。また、人数が多くほぼ毎日初対面の先輩、同期、後輩と乗務をする為それぞれ違った価値観や仕事に対する取り組み方を共有できるところもとてもいいところです。頑張った人には、メッセージカードのようなものを使ってみんなで褒め合うという制度もあるので、そういった点もモチベーションアップにつながっていいと思います。
好きな所は、大企業だからこそ難しい上司と部下の関係やアットホームな雰囲気を作るという点に関して、前向きに取り組もうとしている所です。
このようにお仕事のことだけではなく、社内のことも色々と挑戦していることで世界の航空会社として5つ星を取れたことはとても自慢できる所です。またそれで満足するのではなく、そこから先もレベルアップを怠らないというところもさすがだなと思いますし、そんな大手で働けて私自身とても自慢できることの1つです。

ホーム RSS購読 サイトマップ